にじっこ戦隊 ~やさしいココロ~
神奈川県 新横浜整骨院のスタッフブログ。日々、「痛み」と格闘しながらも、患者さんとの楽しい会話や感謝の気持ちを綴った日記です。スタッフ(にじっこ戦隊)たちのプライベートタイムも紹介しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
国体の裏方 「サポートに感謝」
今大会に入る前、ネットで「愛知国体」について情報収集していた。

その中に、“ゆめリンク×リゾスポ”というブログ記事が引っかかった。


名古屋市内のリゾート&スポーツ専門学校の先生方や生徒さんたちが国体のアイスホッケー競技をサポートしてくれるらしい。

どんな競技においても、大会運営に当たっては、ましてや全国大会規模の運営に当たっては多くの人出を必要とするだろう。その中で学校をあげてサポートに協力してくれるなんて何とありがたい事か


大会期間中は、やはり“チームスケジュール”が中心となる為なかなか交流する余裕がない

すっかりその存在も忘れて、大阪府戦後の控室をバタバタ出入りしていると・・・

控室前に固まっている3人組が・・・(誰か選手のファンの子かな??)と思いつつ、顔を見てやろうと思ったが3人ともマフラーで口元まで隠し、マスクをしてた子もいた。髪の毛でデコも隠れているし、見えたのは目と鼻だけ。(よくワカンね~や)と思ったけど、それどころじゃない!(急いでアイスパックを作んなきゃ

ビニール袋に氷を・・・(氷じゃないな~??? リンクを製氷した際に出た“かき氷”みたいに細かな雪みたいな氷が置いてある)を詰め込んでいた時に気がついた。

「あ~、さっきの子たち 国体サポートの学生さんだ!」

「使用した控室の掃除か何かで待ってたんだ!」
早速、声を掛けて確認してみた。

やはりサポートの学生さんだった。

たぶんトレーナーの勉強をしているんだと思い、手にしていたビニール袋を渡して「アイスパック作って!」とお願いしてみた。
お願いというよりは、“チャンス”というか、仮にも県代表のアスリートが来ているわけで、そんなチームに直接関わってお手伝いするというのはなかなか出来ることではない。
アイスパックを作るくらいしかやらせてあげられなかったけど、彼女たちにはいい経験になったかな

神奈川県では、神奈川県体育協会主催の「メディカルサービスステーション」でも、専門学校の学生たちがお手伝いに来てくれるが、みんな選手のメンテナンスをするトレーナーさんたちの手技に釘づけになっている。
そこでもなるべく実践を交えて学生に教えてあげるのだが、みんなキラキラした目で喜んでくれる
そんな目で見つめられると、選手ほったらかしで話をしてしまうのが悪い癖だ

DSC00047_convert_20120206214724.jpg


3人へ
「アイスパックありがとうね!選手たちも感謝してたよ。」
「この事が今後の人生にどう関わるか分からないけど、学校や先生たちの力添えがあってこういったチャンスに出会えたことを感謝してくださいね!またその学校に入れてくれたに感謝しなきゃいけない!」
「そうやって繋がっていき、続いていくんだな。」
「頑張ってね~

追伸)
藤原副校長、秋山先生ご返信ありがとうございました。
ビシッビシ指導してやってください
スポンサーサイト
[2012/01/30 23:30] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<第67回「ゆめリンク 愛知国体」vol.3 | ホーム | 嬉しい再会 in 名古屋>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nijikko5577.blog68.fc2.com/tb.php/155-149b2bba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にじっこ戦隊

Author:にじっこ戦隊
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。